前向きカウンセ。のフィードバックの時間

前向きカウンセ。という名前で従業員さん向けに社外1on1サービスを行っています。

 

月1回、一人30分、キャリアコンサルタントもしくは心理カウンセラーがお題を用意してお話を聞いて行きます。

 

メンタルヘルス対策で導入される会社、モチベーションアップのために導入される会社

と動機はそれぞれです。

 

10人前後のチーム、部署ごとに行って、実施後1週間から10日以内に経営者やチームリーダーにフィードバックを行います。

 

今月は2回目実施の会社が2社ありました。

 

1回目は導入の意図が十分理解されていなかったり、そ

もそも会社から言われてやることに非協力的だったりと

反応も色々なのですが

2回目ともなると私達の事も知っていただいていること、

皆さんの意見をまとめてシェアする機会を設けることもあり、

お題に対して自分はどう感じ考えているのか?真摯に向き合う姿勢が見えます。

 

日頃は会議でも、人事考課のための面談でもなかなか意思表明のない

ひとでも丁寧に聞くことによって『前のめり』で話てくれます。

しかも『本当はこうしたい』がちゃんとあることが分かります。

(もちろんない時もあります)

 

1回目のフィードバックで経営者の方から

『意外だった』とよく言われるのが

人間関係は円滑だと捉えている人が多いこと。

みなさん結構マイナスの結果が出るに違いない…と覚悟していらっしゃる

ようで、『思いのほか結果がよかった』とほっとする方が多いのです。

しかしながらこれは円滑だと思っていればいい、というわけではなく

どんな状態を望んでいるのか、円滑をどう捉えているのか?という

対話が進むことを目的にしているので、そこで安心してお終いではありません。

 

2回目のフィードバックでは

1回目のフィードバックの時間に私達と一緒に『問い』を考えていただくので

チームメンバーの今に寄り添いながら未来に目を向けたり、自己理解するための

更なる問いへの答えを見ていただけます。

 

えー。こんなにみんなやる気あること言ってるの????

その割にはなんか動かないよね。

 

みたいなお言葉が飛び出してきます。

こんなに思いがあるのに動かないとしたら、

そこに何があるのか?

社員に主体性がない、で片づけるのではなく

会社としてどう答えていくのか?

チームとしてこの現状をどうしていくのか?

そしてチームメンバーの声を聞いた

『わたし』はどうするのか?

みんながアイメッセージでその声に答えていく。

 

そんな機会にして欲しいなと思います。

 

毎回フィードバックの時間が始まる前は

厳しいこと言われるのかも…覚悟してます…

の声が多いですが、

批評の時間ではなく

ディスカッションの時間にしたいと考えています。

会社と社員さんと私達IRODORIがみんなで響き合って

よりよい状態にしていく。そんなイメージです。

#フィードバック#前向きカウンセ。

 

irodori-fukuoka.co.jp

 

 

 

社内の違和感をスルーする

知り合いで部署内でハラスメント事案が起こったために
部署異動を余儀なくされた…という方がいらっしゃいました。

花形の(とご本人が捉えている)部署から管理部門への異動で
言い渡された当時はとてもナーバスになっていらしたのですが
いざ異動してみると前の部署との兼務で

ほとんど業務内容は依然と変わらないそうです。

異動への戸惑いを克服して切り替えていこう!と張り切っていたけれど
業務が変わらないならそれはそれで…

というところです。

会社として、改善目的での異動だったのでは????と
社外の人間からすると違和感があるのですが
本人は『こんなもんでしょう』と納得している様子です。

(風に装っているのかもしれませんが…)

新卒で入社して以来ずっと勤め上げてきた会社への愛着がそうさせるのか?
変わることへの不安から現状維持に安心してしまうのか?

環境や風土を変えるのはこんな心理が働くことも想定されるため
一朝一夕では成し遂げられません。
が、一方で今日の1歩が確実に未来を創るのだという希望を持って
取り組んでいくことが必要だなと感じます。

コミュニケーションこそコツコツが大事だと私は考えます。

明日はコミュニケーション無料セミナーです!

◆7月12日|【管理職入門】コミュニケーション無料セミナー@オンライン
次世代のリーダーシップとは?感じ考える時間です。
https://kokc.jp/e/2f6e46a0c0122a7d8e9c4f3fe9c46b3a/2055165/

リラックスできる『聞いてもらい方』

経営者の方のプライベートセッションを

『社長セッション』と銘打って行っています。

 


~実際にセッションを受けていただいた方のご感想~

『話を聞いてもらう、自分が話すという行為が

こんなにリラックスするとは驚きでした。』

『経営者は孤独なのでスッキリ。話を聞いてもらえてありがたい。』

 

単純に話を聴いてもらう機会は多いはずの経営者の方々。

社長のお考えを聞かせてください!

とか

言われなくても自分から

社員に戦略や要望や指示命令を伝えたり

と、とにかく話す場はたくさんあるのに

絶対に伝えないことがあるのです。

 

それは

 

これは社長としてふさわしくない

 

とご自身が思っている考え方感じ方をしている自分です。

 

社長は強い

社長は人格者

社長はスマート

社長は間違わない

 

等等

頭ではそんなわけない、と分かっていても

そうあるべき、そうありたい、という強い思いが

どんな自分もただ『ある』のだということを

採用できなくなってしまい

『仮面をかぶった社長の自分』で話してしまうわけです。

 

世界中の人に自己開示できたら

悟りの世界です。

そんなことは難しいと分かった上で

 

セッションの中でシンプルに受容される体験をすることで

自分だけは自分をありのままに受け入れることができるようになって行きます。

 

これが『聞いてもらった』というリラックス感の正体です。

 

そして度々ここでも書いていますが、

自分の感情をなきものにして見ないふりをしたり抑え込んだりすると

ストレスホルモンのコレチゾールが分泌されます。

つまりいつもいつも目を背けられていることで

ストレスを感じている状態から

『ある』と認められることで解放されるのです。

 

そしてこうして自分が満たされていくことで

スタッフさん、社員さん、ご家族など

他の方の話を聴くことができるようになっていきます。

irodori-fukuoka.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

話を聴いてもらうことの効果

従業員さん向けのカウンセリングを行っています。

と説明していますが、厳密にいうと

メンタルヘルスケアのためのカウンセリング

・社外1on1サービス

に分けて実施しています。

前者はメンタル不調の方や悩みが深い方のための

治療目的に主体的に受けるもの

後者はメンタル不調のずっと上流、日常のちょっとした不満や不安、

違和感を内省するお手伝いをするものです。

なので1on1の方は職場のチーム全体で受けていただき、

個人が特定できない部分に関しては

チームでシェアしていただくようにしています。

(もちろんご本人の了承を取った上でです)

グッとパーソナルな内容は完全に守秘義務を守ることを

お約束してお話していただきます。

ここからは秘密保持します、

ここは開示します、と明らかにすることで

安心してお話していただけます。

同時に他の方がどんなことを感じているのかを共有できて

職場全体の安心感につながります。

 

仕事で繋がる人同士が集まる職場では

どこまで話していいのかな?

どこまで心開いていいのかな?

こんな話は会社ではふさわしくないのでは?

と遠慮してしまいがちです。

かなり気をつかって仮面をかぶった関わりになります。

まずは私達と1on1を行うことで

自己開示の練習をしていき

話を聴いてもらうことの効果を実感していただきます。

そしてチーム内でもお互いに話を聴く環境が整えられるように

私達が関わっていきます。

 

話を聴いてもらうことの効果の例にこんな話があります。

 

ある結核の療養施設で

待合室で他の患者さんとよく話す方と

誰とも話さずポツンと座っている方では

予後が違うのだそうです。

たくさんお話される方は

辛い気持ちを聞いてもらったり

同じ悩みを聞いて安心したり

そういう体験がカタルシスとなるのだそうで

グループカウンセリングのような効果を生んでいると言います。

 

1on1をチーム全体で受けることは

そういう面からもとても意味のあることです。

リーダーは受けなくていいですよね?

幹部だけまずはやりましょうか?

という声もよく聞きますが

 

あえて

 

一緒に働く様々な立場の人に一緒に受けていただきたい。

 

部長も受けた!

部長は受けないのね…

共感度が天と地の差です。

 

 

 

irodori-fukuoka.co.jp

 

誰に相談したらいいか分からない…

勝手にベランダのプランターに生えてきたイチゴ。雑草には眉をひそめるのにイチゴは大歓迎。勝手なものですがやっぱり嬉しい。


社外1on1サービスを行っています。

業務の相談なら先輩や上司に

健康問題なら産業医

人間関係のことなら同僚や人事部に…といいたいところですが

人事部や同僚にも気を遣ってしまって言えないこと、

言っても仕方がないと諦めていることがあるようです。

特に『うまが合わない』『嫌われているようだ』『生理的に受け付けない』

などパーソナリティの部分でトラブルがある(と捉えている)時

こんな事相談すると自分まで悪く思われるかもしれない。

あの人はあんな人だから、みんな我慢しているから。

とモヤモヤを抱え込んだままにしてストレスになっている方がいらっしゃいます。


 匿名でも相談できるハラスメント社外相談窓口をcorom(コロム)で提供! 月額9,900円から利用できる『IRODORIコール』
    
  https://www.value-press.com/pressrelease/295552?fbclid=IwAR3O_gavVcRmKRuN_5QXriIeqXeEhUzublHQokz_aWYYHFJsYWVx-4To4GY


社外相談窓口お問合せフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdO2_sjqXvcmBiHW4FiexYRfekIR2wfmdtt3AtKdTL0jzaCFw/viewform

 

でも実は経営者が一番『こんな事誰にも言えない…』を抱えているな、と感じます。

部下を不安にさせないために弱音は吐けない…

こんな事言ったら『人格』を疑われる…

経営者だから立派でなければならない、強くなければならない

という思い込みがご自身を追い込んでいるケースが多いです。

経営者の方への定期的なセッションも行っていますので

ご興味のある方はご連絡ください。

 

info@irodori-fukuoka.co.jp

まで!『社長セッションお試し希望』と書いてお問合せ下さい。

 

 

『女性』の働き方『男性』の働き方?

しかたない。しかたないって分かってる。

でも

『女性の』『男性の』と枕詞付けて表現するのが違和感だな。

と居心地悪さを感じます。

何にこの言葉をつけると嫌な気分になるかな。と考えた時

・働き方

・管理職

・社会進出

だと気が付きました。

女性がこれらを男性より制限されているとしたら

何が理由なのか?

語りつくされて手垢が付きまくっているトピックスなので

わざわざ私が書くこともないと思っていたけれど、

今日『フェムテック』関連のお仕事されている方と話している時に

『女性の、とか女性特有の、とかわざわざカッコつきで分けて考えるのって

女性自ら自分たちを特別視してしまっているように感じてなんか違う!って思うんです。障がいを持つことにラベルを付けてしまうような。』

と口にした自分に

でもそう考えてるってことは制限があるとまだ思ってんだな私。と感じました。

ギャーもういや!!!

働く人達が感じている制限をお互いに理解し合うことで

ハラスメントだったりジェンダー問題が解決していくんだろうな。

だって、制限は自分たちが心と思考の中で作り上げているものだから。

 

小学生の子を持つ夫婦が、子どもの夏休みにお昼ご飯の心配をするのは

夫か?妻か?

仕事の後に食事に誘われたら、

休日に仕事が入りそうになったら、

残業を余儀なくされたら、

夜の会合や早朝の会合があったら、

出張の予定が入ったら

関係者全員のスケジュールを調整したり意思確認したりするのは

妻か?夫か?

 

以前子どもを保育園に預けて会社勤めしていたころ

遅くに帰宅した夫がジムに寄ってきた~と言った瞬間に

『あんたはいいよね。好きなだけ残業して好きなだけ飲み歩いて

その隙間にジム行ってさ!

私なんか残業したくてもできないんだけど』

とキレたのを思い出します。

その時私は夫の自由さが妬ましかっただけで、

残業したいわけではなかったと思います。

『お母さん』がするのが当たり前、という前提が

おかしいやろ????と感じていました。

でもその一方で家事や育児に参加しようとする夫の努力の芽を

ことごとく摘んでいたと思います。

家事や育児に自分の居場所を求めていたから、

夫のやり方に文句を付けて、自分のやり方を押し付けていました。

 

でもそのやり方では対立が生まれたり、夫のやる気をそぐだけで

何の解決にもならなかったわけです。

 

自分は何を守ろうとしているのか?

このチームはどこに行こうとしているのか?

 

と考えてみたら

自分のやり方に固執するのは意味がないなと分かってきます。

チームの行く先について一緒に考える時感情にも寄り添っていけば

癒され、争いは減ります。

 

部長と副部長が仲悪くてさぁ~

お互い自分のやり方を通そうとしてめんどくさいんだよね

 

と話している男性を見かけましたが、おんなじや~ん。と思いました。

 

ラベル付けて対立するのではなく

違う人たちが一緒に歩くことを前提として

それぞれの持ち味を活かして行くのが最適なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こころの体質改善に『もやもや』が役に立つ

海辺で拾った2枚貝の殻。ハートにも見えるし鳥が翼を広げたようにも見えます。

メンタル不調で芸能人が亡くなるニュースが続いていて心痛みます。

え?あの人が?と驚かされますが、

所詮テレビで見せるその人の一部しか私は分からないので、

驚くこと自体勝手な思い込みだなと反省します。

いつもと変わらない様子だった、

良くなったように見えた

という周囲の言葉が印象的で、

身近な方の悲しみがよく表れているなと感じます。
元気でいて欲しい、幸せに生きて欲しいと強く願っていたからこそ、

少しでも快方に向かう姿にホッとしたでしょうし、

このままよくなっていくのだと信じて疑わなかったと想像します。

そんな時だけ『いのちの電話』なんかがテレビで紹介されている様を見て、

ことが起こってから大騒ぎしているように感じて向けどころのない怒りを感じます。

この怒りはそんな世界のままでいることを許している自分への怒りだなと思います。


鬱は適切な治療で治るけれども

風邪や盲腸の様に薬を投与してすぐ、手術してすぐ治るものではなく、

アトピーや喘息のように『慢性病』のようなところがあるので

状態がよくなったり悪くなったりするものです。

だから根本解決のためには『体質改善』が必要だと私は考えています。

心の体質改善です。

脳がストレスを受けて免疫機能が低下すると体調も悪くなります。

いわゆる自律神経失調症(これも病気ではなく、という症状、状態だと話していらっしゃるコメンテーターの方がいてまさに!と膝を打ちました。)の状態です。


『ちょっと調子狂ってるな。』

に自分が気が付くことは実はとても大切です。


ここで
『大したことない』
『このくらいで弱音を吐けない』
『疲れているだけさ。』
と自分を我慢させて状況を軽視してみないふりをしていると
だんだんと自分ではどうしようもない無力感に支配されていきます。


いちいち心配して大げさに取り上げよう
ということではなく

なんとなくブルーな気持ち
常に頭からはなれない事柄がある
気が休まらない
等の思考がぐるぐるしている状態を
自分なりに内省してみることが必要だということです。

いわゆる『もやもや』は実は重要な
メッセージなんです。

いつもやってしまう癖
考え方の癖

は自分ではわかりづらいものです。

人より心配症だな
人の評価が気になって意見がいえないな
遠慮しがちで要望が言えないな
NOと言えないな
バカにされている!とカチンときやすい
自分の意見をいつも否定してくる人がいる
陰で何か言われている気がする
等等

性格だから変えられない、

周りに問題があるから自分のせいではない

と考えているかもしれませんが、

『もやもや』の始まりがここにあるとしたら
思考の『癖』を疑ってみて欲しいなと思います。


私達は社外の人間として第三者の立場で1on1を行うサービスをしています。
それは病気の人にむけたものではなく
日頃のちょっとした『もやもや』を紐解き
一月に1度一緒に考える機会にするものです。

大きな不安を抱え離職希望していた人が
不安の正体を正しく見つめやる気がでたり
上司の人柄に不満を持っていると捉えていたけれど

評価制度を見直すことで何かが変わりそうだと気が付いたり

『もやもや』をなきものにせずに
よりよく生き働く糧にしていくための活動です。

 

あなたは『もやもや』を見ないふりしていませんか?

irodori-fukuoka.co.jp